スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる気のない画像

2012.04.19 23:15| .ちょっと休め→やる気のない画像

ぷーさん
くま






かんがる
かんがる






ぬよこ
ぬよこ






ぬこ
ぬこ






らすかる
らすかる





ひょう
ひょう





ろばwww
ろば(※死んでいません)





さる
さる





しろ
しろ





とら
らいおn





なまけもの
なまけもの





ぬこ様
ぬこ様





ねこ
ねlこ





あしべ
あしべ





りす?
りす?




コメント:0 トラックバック:0

血管拡張薬

2012.04.19 16:58| .薬剤→血管拡張薬

血圧を下げるため(後負荷軽減)に用いられる場合と、冠動脈血流を増加させる目的で用いられる場合がある。


ミリスロール(ニトログリセリン)
→静脈拡張/動脈拡張/冠動脈拡張=+++/ + / ++
主に静脈系を拡張させるため、心臓にとって前負荷を下げる
→冠動脈の拡張効果もあり
肺血管拡張作用もあり
初期量:0.2γ~




ペルジピン(ニカルジピン塩酸塩)
→静脈拡張/動脈拡張/冠動脈拡張= + /+++/ ++
→Ca拮抗剤、血圧調整に使うことが多い(副作用も少ない)
→心筋の抑制作用は常用量ではないとされている
→末梢動脈血管抵抗の低下による心拍出量増加作用を有する
初期量:0.5γ~




ヘルベッサー(ジルチアゼム塩酸塩)
→静脈拡張/動脈拡張/冠動脈拡張= + / + / ++
→Ca拮抗剤、血管平滑筋細胞へのカルシウムイオンの流入を抑制し、血管を拡張させる
頻脈性不整脈<上室性>にも使用されるが↓
→高用量では房室結節において、細胞内へのCaの流入を抑制することにより、血管拡張作用及び房室結節伝導時間の延長作用を示す。除脈、房室ブロックの危険
初期量:0.5γ~
    



二トロール(硝酸イソソルビド)
→静脈拡張/動脈拡張/冠動脈拡張= ++/ ++/ +++
動脈系と静脈系をバランスよく拡張し、血圧を下げすぎない
→肺うっ血・呼吸困難などの急性心不全症状を速やかに改善する
初期量:0.2γ~




ニトプロ(ニトロプルシドナトリウム)
→静脈拡張/動脈拡張/冠動脈拡張= + / +++/ ++
→手術時の低血圧維持
→高用量でシアン中毒の危険があり、メトヘモグロビンのチェックが必要
初期量:0.5γ~




プロスタンディン(PGE₁)
→静脈拡張/動脈拡張/冠動脈拡張= + / +++/ ++
→肺血管拡張作用あり
血小板凝集抑制作用もありASOでも使用される
初期量:0.02γ~




レギチーン(フェントラミンメシル酸塩)
→静脈拡張/動脈拡張/冠動脈拡張= + / +++/ -
→α受容体遮断薬で、心房圧の高いうっ血性心不全に対して後負荷を減らす目的で使用される
→褐色細胞腫よる高血圧に対しても用いられる
初期量:0.5γ~




シグマート(ニコランジル)
→硝酸薬から派生したプラスアルファをもつ不思議な薬剤
→硝酸薬様作用として静脈系の拡張により前負荷を軽減
→Kチャネルオープナーとして動脈系を拡張し後負荷を軽減
→K硝酸薬が作用しない細い冠血管を拡張し、冠血流量の増加作用を示す
→心筋保護効果をもたらし、長期予後改善効果が報告されている。
→硝酸薬との違いは“冠血流量の増加に比し、血圧の低下が少ないこと”である
 高血圧→ミリスロール
 普通の血圧→ニトロール
 ちょっと低め→シグマート
 かなり低め→硝酸薬もシグマートもさしあたり控える

→薬剤耐性がないらしい



※血管拡張薬の効果は動脈硬化の程度により違うので、至適な容量は患者によって異なる。



   

コメント:0 トラックバック:0

ICUで使用される強心薬

2012.04.19 15:40| .薬剤→その他強心薬

①カテコラミン
→心筋細胞膜にあるβ1受容体と結合することにより効果を発揮する
→DoB,Adは同時に末梢動脈のβ2受容体に作用し血管を拡張させる働きをもつ
→プロタノールは心拍数の増加作用が強く除脈に対しても用いられる
→NOAは末梢血管の収縮作用が強く低血圧時に使用される
※詳しくはこちらで↓
http://nursingstudy8.blog.fc2.com/blog-category-16.html



②PDEⅢ阻害薬
→受容体を介さずに作用し心収縮を強める(心筋ではCa濃度を上げるため収縮↑)
→同時に末梢血管を拡張させる(平滑筋ではCa濃度を低下させる、血管拡張)
β受容体のdown regulation(活性低下)が起こらないのが利点である
・コアテック(塩酸オルプリノン) 0.2γ~
・ミルリーラ(ミルリノン)      0.5γ~
・アムコラル(アムリノン)     5γ~



③ジギタリス
→心収縮力を上げると同時に心拍数を減少させる作用を持つ
→心房性の頻拍性不整脈の心拍数調節に用いられることが多い
→術後急性期に収縮力を増加させるために使うことは少ない
→ジギタリス中毒はPAT with blockや盆状ST低下といった心電図変化が有名
→房室ブロックや洞房ブロックには禁忌
・ハーフジゴキシンの用法
急速飽和療法(飽和量:1.0~4.0mg):初回0.5~1.0mg、以後0.5mgを6~8時間毎に経口投与し、十分効果の現れるまで続ける。




④その他の昇圧剤
全身麻酔など一過性の低血圧が起こる際に用いる薬物である。

・ネオシネジン
→選択的α1刺激薬である。β作用がないため心疾患の患者でも扱いやすい。
→持続投与する場合は0.03~0.3γで維持する

・エフェドリン
→エフェドリンはα、βの両作用をもつ。

・バソプレッシン
→近年では心停止の4つの病態、心室細動、無脈性心室頻拍、心静止、無脈性電気活動に対して第一選択として用いられるようになってきた。
→これはバソプレシン投与による救命率、生存退院率が共にアドレナリン投与群を有意に上回ることがわかったためである。この場合は40U投与することになる。
→他にも敗血症で昇圧剤(カテコールアミン)不応例では0.03U/ml使用することがある
→副作用としては脾臓、四肢末梢、心臓の臓器虚血が起こる場合がある。





 



コメント:0 トラックバック:0

呼吸療法認定士への道

2012.04.12 14:59| .呼吸療法認定士→呼吸療法認定士への道

試験よりも申請の方が難しいといわれる呼吸療法認定士・・・・・

今年受験するので勉強がてらにその過程を書いていこうと思います。



<取得方法>
「3学会合同呼吸療法認定士」の資格を取得するためには次の2つの条件を満たさなければない。

3学会合同呼吸療法認定士認定委員会の委託により、(財)医療機器センターが実施する
①認定講習会を受講する(2日間みっちり)
②認定試験を受け合格する



さらに①を受講するためには次の2つを満たしていないといけない
1)a)臨床工学技士:経験2年以上
  b)看護師:経験2年以上
  c)准看護師:経験3年以上
  d)理学療法士:経験2年以上


2)過去5年以内に認定委員会が認める学会や講習会などに出席し、12.5点以上の点数を取得していること



<スケジュール>
3月:下記HPより申請書類のPDFダウンロードが開始される(有効期限あり)
   http://www.jaame.or.jp/koushuu/nenkan12.html 

4月:申請書類の提出(例年4月頭に行われる)
→毎年4200名程度の定員だ、が申し込みが殺到するため朝早くから郵便局に並んで書類を提出しなければならない。

6月:申請が通れば受講通知が届く

8月:認定講習会(例年4つの班に分かれて東京の品プリで行われる)

11月:認定試験

12月:結果が送付される

2月:合格していれば認定証が送付されてくる




なんとか申請書類の提出は済ますことができたのでぼちぼち勉強を始めていこうと思います。

↓講習会までには読んでおきたい本です。
呼吸療法認定士試験対策合格への厳選ポイント実況中継 増補版

Amazon.co.jp



 

コメント:0 トラックバック:0

PiCCOカテーテル ピコカテーテル

2012.04.05 18:54| .モニタリング→PiCCOカテーテル

PiCCO(Pulse Contour Cardiac Output)カテーテルとは循環動態管理において、必要な情報を「圧」だけでなく「量」でも測定できるモニタリング装置のことである。肺動脈カテーテルと同様に循環動態を評価できるシステムだが、肺動脈カテーテルより侵襲が少なく、長期留置が可能である。

ぴこ
PiCCO system


<計測法の違い>
S/Gカテーテル   →熱希釈法
PiCCOカテーテル →熱希釈方法+動脈圧波形解析法

<測定範囲の違い>
S/Gカテーテル   →主に右心系のパラメータ
PiCCOカテーテル →心臓全体と肺病態のパラメータ

<利点>
リアルタイム連続心拍出量、低侵襲性、ボリュームマネジメント、簡便、低コスト
肺血管外水分量が計測できる(PiCCOだけ)

<欠点>
SvO₂が測定できない、Calのための冷水注入

<適応>
ショック、敗血症、ARDS、多発外傷、熱傷、脳外科手術後など広い




≪PiCCOで測定できる項目≫

①ボリューム管理に使用する値
GEDV(心臓拡張末期容量)
GEDI(心臓拡張末期容量係数)基準値:680-800ml/m²
→心臓内の4つの全ての心房・心室が最も拡張した時の容積
前負荷(ボリューム評価)のパラメータとして直観的

ITBV(胸腔内血液容量)
ITBI(胸腔内血液容量係数)  基準値:850-1000ml/m²
→心臓、肺の血管容積の和を示している 
→ITBV=GEDV+PBV(肺血管内容量)

SVV(1回拍出量変動率) 基準値:13%未満
PVV(収縮期血圧変動率) 基準値:13%未満
→動脈圧や一回拍出量の呼吸性変動を数値化したパラメータ
輸液反応性を評価するうえで優れている
→13%を超えていると血圧が呼吸で変動しやすい→ハイポみたいな
→挿管下でPIP(最高気道内圧)やTV(一回換気量)が高いと使えない
→不整脈頻発でも使えない


②肺の状態評価に使用する値
EVLW(肺血管外水分量)
ELWI(肺血管外水分量係数) 基準値:3-7ml/kg
→肺の血管外の水分量
ELWIの上昇は肺水腫の状態を示唆する

PVPI(肺血管透過性係数) 基準値:1.0-3.0
→肺血管水分量と肺血管内容量の比から、肺血管透過性の程度を表す
→心源性肺水腫と非心源性肺水腫の鑑別の指標になる

肺水腫分類
↑肺水腫の分類


③後負荷評価に使用する値
SVR(体血管抵抗)
SVRI(体血管抵抗係数) 基準値:1700-2400dynes/秒/cm⁵/m²
→敗血症ショック、アナフィラキシーショックなどで低下する

dPmx(左室収縮力指標) 基準値:1200-2000mmHg/s
MAP(平均動脈圧) 基準値:40-60mmHg

ショック時の血行動態
↑ショック時の血行動態



picco2.png
↑PiCCO2モニター画面


もしお役に立てたなら1ぽっちお願い致します(´・ω・`)
にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
ナースブログランキング



略語一覧
dPmx(Index of Left Ventricular Contractility)
MAP(Mean Arterial Pressure)
SVRI(Systemic Vascular Resistance Index)
PVPI(Pulmonary Vascular Permeability Index)
ELWI(Extravascular Lung Water Index)
PPV(Pulse Pressure Variation)
SVV(Stroke Volume variation)
ITBI(Intrathoracic Blood Volume Index)
GED(Global Enddiastolic Volume Index)
CO(cardiac output)
CI(cardiac index) 



   



コメント:0 トラックバック:0

利尿剤について

2012.04.05 15:04| .薬剤→利尿剤

術後使用する利尿剤を中心に。

ラシックス(1A:20mg/2ml)(錠:20mg,40mg)
一般名:フロセミド
用法/容量:
通常は成人にフロセミドとして1日1回40~80mgを連日又は隔日経口投与。術後は2~20mg/hで持続投与。
特徴:
→ループ系利尿薬、強力な利尿作用が得られる
→ヘンレのループにおいてNaとClの再吸収を阻害する
→腎機能に悪影響を与えないため、利尿薬の第一選択として使用される。
→心不全、高血圧治療薬としても使用される。
注意
→電解質バランスの異常(特に血清カリウムの低下作用が強い)
→低Cl⁻性のアルカローシス
→効きすぎると脱水→低血圧となるので、ボリュームの評価もしながら


ハンプ(1V:1000μg)
一般名:カリペプチド(ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド:hAMP)
用法/容量
開始量は0.05γ。収縮期血圧をみながら増量し0.05γずつ増量していく。維持量は0.1~0.2γ
特徴
→腎血管の拡張により緩徐な利尿作用による前負荷の軽減
→血管拡張による後負荷の軽減
→心筋細胞のアポトーシス、ネクローシスを防止する心筋保護の作用をもつ
利尿薬と血管拡張薬を合わせたような作用
→電解質代謝異常、不整脈の発生といった副作用が極めて少なく急性心不全の治療薬として非常に好まれる。
注意
→その作用からもわかるように血圧低下には注意が必要
→他薬剤と混合で結晶や混濁を作りやすいため単独ルート投与が望ましい


20%マンニットール注射液(20%500ml:1瓶)
一般名:D-マンニトール注射液
用法/容量
D-マンニトールとして、1回体重1kg当り1.0~3.0gを点滴静注する。但し、D-マンニトールとして1日量200gまで。投与速度は100mL/3~10分とする。
特徴
→浸透圧系利尿薬
→糸球体で濾過されると再吸収されないため、尿細管内の浸透圧が上昇し、水の再吸収が抑制される
主に頭蓋内圧の低下作用
注意
→液と電解質の異常(特に低ナトリウム血症
→細胞内脱水
→肺水腫、うっ血性心不全など。特に腎機能低下例で注意。



以下はその他利尿薬。病棟でお目にかかることが多い。

K保持性利尿薬
特徴
抗アルドステロン薬ともいう。遠位尿細管においてアルドステロン(抗利尿ホルモン)に拮抗し、Naの再吸収を阻害する一方、Kの尿中排泄を抑制する。ループ利尿薬等と合わせて、肝硬変、うっ血性心不全などに対して使用される。
・トリアムテレン(トリテレン)
・スピロノラクトン(アルダクトンA
・カンレノ酸カリウム(ソルダクトン注)


サイアザイド系利尿薬
特徴
遠位尿細管においてNaとClの再吸収を阻害する。降圧剤としても使用される。大規模臨床試験では他剤と遜色ない結果を得ており、現在も高血圧治療薬の代表的なもの。
・ヒドロクロロサイアザイド(HCTZ,ダイクロトライド)
・トリクロルメチアジド(フルイトラン)
・インダパミド(ナトリックス)


その他利尿薬
・塩酸ドパミン(イノバン)は腎血流量を増やして間接的に利尿作用を示す。
・アミノフィリン(ネオフィリン)や強心薬も利尿作用を示す。
・トルバプタン(サムスカ)は、世界初のバソプレシンV2-受容体拮抗剤。







コメント:0 トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。