スポンサーサイト

--.--.-- --:--| スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテコラミン系について

2012.01.20 16:39| .薬剤→カテコラミン系

ドパミン、ドブタミン、アドレナリン、ノルアドレナリンの4種類。


それぞれα受容体、β受容体に作用。
α1受容体は心筋や平滑筋などの細胞膜に分布、α2受容体は交感神経終末に存在。
β1受容体は主に心筋に分布、β2受容体は血管や気道に分布する。

すなわち
α作用 →末梢血管を収縮させる作用
β1作用→心拍数を増加させ、心収縮力を強める作用(陽性変力、陽性変時作用)
β2作用→末梢血管の拡張作用と気管支拡張作用




①ドパミン(DOA)(イノバン、ドパラルミンなど)3γ~
α/β1/β2=+/++/-    (腎動脈拡張作用++)
・2~5γ(低用量)ではドパミン受容体に作用
             →腎血管拡張→腎血流量アップ→利尿作用
・5~10γ(中容量)ではβ1作用優位、β>α
             →心収縮↑、心泊数↑、末梢血管収縮
・10γ~ (高用量)ではα作用優位。α>β
             →末梢血管収縮、心収縮↑、心泊数↑、利尿作用は消失
・副作用
→頻拍性不整脈
→虚血性肢壊死
→悪心・嘔吐
→消化管運動障害(麻痺性イレウス)


②ドブタミン(DOB)(ドブトレックスなど)3γ~
α/β1/β2/=+/+++/++     (腎動脈拡張作用-)
・β1刺激による心拍出量(CO)の増加が主な作用。ドパミンよりも心拍数の上昇が少ない。
・β1作用により心収縮能が上昇するが、β2作用では末梢血管を拡張
    →血圧を上げずに心収縮能を上昇させることができる。肺うっ血にも著効。
・心筋の酸素消費量、そして心拍数の増加はDoAより少ないと考え、心筋保護の面では有利である。
・収縮不全による急性心不全に有用。心原性shockによる単独療法には適さない 
・副作用は特になし


③ノルアドレナリン(NoA)(ノルアドなど)0.05γ~
α/β1/β2=+++/+++/-     (腎動脈作用-)
・強力なα、β1作用を持つ。強力にBPを上昇させる
・DOAでも効果がない際に使用
・後負荷が増大するため心不全や心疾患などでは使いにくい


④アドレナリン(Ad)(ボスミンなど)0.05γ~
α/β1/β2=++/+++/+++     (腎動脈作用-)
・強力なα、β1作用を持つ。β2作用もあり。
・頻脈必発のため心疾患では使いにくい
・心臓では→心収縮↑、心拍数↑
・血管に対しては→冠動脈拡張、末梢血管収縮(BP↑しかし末梢循環不全になってしまう)
・平滑筋に対しては→気管支拡張
・不整脈を誘発しやすい


   

コメント:1 トラックバック:0
<<γ計算について | ホーム |

日本薬理学会名誉会員 東京歯科大学名誉教授

「すなわち
α作用 →末梢血管を収縮させる作用」
は若干誤解があります。α2受容体は調節性の受容体で、過剰のノルアドレナリン(NA)に反応し、神経終末から放出されるNA量をコントロールします。高血圧治療薬のクロニジンはα2受容体を刺激してNA放出を抑制するので血管収縮を抑えます。α受容体=血管収縮 と覚えると薬物の作用の違いを考えるとき混乱するもとになります。ご注意ください。
追加)α2受容体は、神経終末だけに分布するのではなく、節後細胞もしくは受け手の細胞の膜にも存在し、α1受容体による過剰興奮に対して抑制的に働きます。これらのことからα2受容体は調節性受容体(autoreceptor)と呼称されます。








この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。